病気・怪我見舞

いつ贈る?

入院直後や手術前後は避け、相手の状況を確認した上で持参します。

病気によっては食べられないものなどがあるので、事前に確認を。
お花を贈る場合、鉢植え・椿・菊などタブーとされる花もあります。
他の患者さんに迷惑にならないよう、20分程度で引き上げましょう。

入院されている病院の面会時間を守りましょう。

 

お見舞いの言葉

頑張ってとか仕事はいなくても大丈夫ですとかは言ってはいけません。

おかげんはいかがですか、元気そうなので安心しました、おられないのでとても寂しいです、などの、必要な人だけどよく治療して下さい、という気持ちを表す言葉にして下さい。

小さい子供はなるべく連れて行かない方がいいでしょう。

多人数で行かないようにしましょう。

病状をあれこれ聞いたりせず付き添いの家族へねぎらいの言葉をかけるようにしましょう。

エラボッカ カタログギフト

内祝の意味とは?

内祝いとは本来、身内でするお祝いの意味で、結婚や出産などのお祝いがあった時に、身内の家々に、報告とともに喜びのおすそ分けを送るという風習ですが、現在では、お祝いをいただいた方へのお返しとして内祝いを送ることが一般的になっています。新しく加わった赤ちゃんを紹介という意味でも、家族にとって大切なお返しものです。

お中元、お歳暮 喪中の時はどううするの?

お中元、お歳暮は御祝いでないので、贈り主、先様のいずれかが喪中であっても、差し支えはありません。ただ四十九日を過ぎていない場合や、先様が気落ちされていると感じたら、時期をずらして「暑中御見舞」「寒中御見舞」または「忌中御見舞」や無地のしで贈るとよいでしょう。

フリーチョイスカタログギフト

楽しみながら選ぶ時間も一緒に  プレゼントできる、魅力いっぱいのギフト。

ふじくら LINE

下記のお友達追加から登録してね

友だち追加

LINE QRコードです

お葬式プラザ
お葬式プラザ

 

 葬儀しきたり館