年忌法要

亡くなった次の年の祥月命日(同月同日)に一周期、その翌年に三回忌、以下七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、三十三回忌、五十回忌、百回忌、それ以降は五十年ごとに法要を営みます。招待された時は、当日に供物か供物料を持参します。

 

神式では、一年祭、三年祭、五年祭、十年祭、二十年祭、三十年祭、四十年祭、五十年祭、百年祭と続き、招かれた際には「玉串料」として金封か供物を持参します。

 

年忌法要では、一般的に僧侶の読経の後、お墓参りを行い、席を改めてもてなし、粗供養として引き出物を手渡して供物へのお返しとします。

 

遺族の服装は、三回忌までは喪服または黒色の服を着用し、その後は少しずつ軽装にします。

エラボッカ カタログギフト

内祝の意味とは?

内祝いとは本来、身内でするお祝いの意味で、結婚や出産などのお祝いがあった時に、身内の家々に、報告とともに喜びのおすそ分けを送るという風習ですが、現在では、お祝いをいただいた方へのお返しとして内祝いを送ることが一般的になっています。新しく加わった赤ちゃんを紹介という意味でも、家族にとって大切なお返しものです。

お中元、お歳暮 喪中の時はどううするの?

お中元、お歳暮は御祝いでないので、贈り主、先様のいずれかが喪中であっても、差し支えはありません。ただ四十九日を過ぎていない場合や、先様が気落ちされていると感じたら、時期をずらして「暑中御見舞」「寒中御見舞」または「忌中御見舞」や無地のしで贈るとよいでしょう。

フリーチョイスカタログギフト

楽しみながら選ぶ時間も一緒に  プレゼントできる、魅力いっぱいのギフト。

ふじくら LINE

下記のお友達追加から登録してね

友だち追加

LINE QRコードです

お葬式プラザ
お葬式プラザ

 

 葬儀しきたり館